自社製品

自社製品 -リニアモーターシャフトXYステージ-

ボールネジからリニアモーターシャフトへ

◎ボールネジは精密加工したねじ棒を回すことでモノを移動させる為さまざまなデメリットがあります。
1. 騒音、振動、摩擦、摩耗、伸縮
2. メンテナンス
3. バックラッシュ、コキング等の発生
4. 寿命
以上の問題はリニアモーターシャフト化することによりクリアすることができます。

◎ボールネジ機構からの変更も容易であり、周辺機器の簡素化が可能
1. リニアスケールによる精度の高い位置決めにより、部品の簡素化が可能
2. 周辺機器の設計、部品、組立等のコストダウンができます。
以上の理由により現状高価であるシャフトモーター使用のステージユニットのコストを抑える事が可能です。

◎リニアモーターシャフト使用で可能となる多彩な駆動方式
1. タンデム駆動 可動子を組み合わせる事により可動子の数分推力が増幅されます。
2. パラレル駆動 シャフトを並列に組み合わせる事で大型、重量のワーク搬送が可能
3. マルチ駆動 1軸に複数台の可動子が配置可能

XYSTAGE

製品仕様書
製品名 ボールネジレス高精度 XYステージ RSS100
移動量(mm) ±150
ステージ面(mm) 100 x 100
分解能(mm) 0.001
繰り返し位置決め精度(mm) ±0.0005
最大加速度(G) 2.5
最大速度(m/s) ‘2.0
定格推力(N) 6.0
使用周囲温度(℃) 0〜40
保存温度(℃) ‘-20〜60

←自社製品一覧に戻る

 

レイクラフトメニュー終わり